fod プレミアムならスマホでドラマの見逃し無料は超便利!

fod プレミアムをスマホで好きなドラマを見逃し無く再放送までまたなくても配信でみてます。

白い巨塔の動画を探しているならこちら!

この記事をシェアする

白い巨塔 唐沢寿明

 

山崎豊子さんの小説『白い巨塔』のドラマ化です。 唐沢寿明さん主演で再連続ドラマです。

 

白い巨塔は実際にあった大阪の大学病院での事件を基に書かれた小説です。1963年-1965年までサンデー毎日に掲載されていた人気小説が映画や、ドラマになっています。 という事で、財前教授も、名前を変えていますが実在の人物と言われています。

医療現場の実情がかなりリアルに感じて、お医者さんの倫理観をのぞき見る感じなので一度見てみるのはいかがでしょう。

 

FODプレミアムは、このような名作のドラマを見れるのでおすすめです。

 

 

白い巨塔の感想

平成版の白い巨塔は、主演が唐沢寿明です。
原作と異なる点は、平成に多い疾患として、唐沢寿明演じる財前が、肺がんで死ぬという設定などがあります。
財前は苦学して医者になった若手の医者で、浪速大学医学部の外科の教授の座を狙っています。
同期の里見は、内科の医師ですが、財前と異なり患者に寄り添った診療を行う優しい医者です。
財前は、教授選で勝ち上がるために、婿養子として迎えてくれた財前又一の力も使います。
あの手この手を使い、教授になりますが、ある時医療ミスを犯してしまいます。
財前が担当した患者が、亡くなってしまいました。
誤診だったことを認めず、ついに遺族に裁判を起こされてしまいます。
それでも財前は、態度を改めようとしません。
合理的な判断だったと主張します。
しかし、裁判中に財前は倒れてしまいます。
なんと、財前は末期の肺がんだとのです。

ここから、財前が周りの鵜飼教授などに見放されるシーンは、人間の汚さを表していると思いました。
結局、使えるコマを使ったら捨ててしまうのだなと感じました。

財前は、里見が浪速大学病院をやめた次の病院へ行き、本当に初期の肺がんか確かめてもらいます。

里見は酷い仕打ちをされたのに、財前を本当の友だと思って、ホスピスを勧めました。

里見先生の人柄が、ここでも現れていて泣けます。
財前の「死ぬことは怖くない…ただ、無念だ」というセリフが印象的です。

そして、財前は危篤に陥り亡くなってしまいますが、最後は里見に看取られます。

ある意味友情の物語でした。

 

 

 

白い巨塔のあらすじは大まかにこんな感じです。

医学界の知られざる実態と人間の生命の尊厳を描いた山崎豊子の代表作「白い巨塔」を、25年ぶりに再連続ドラマ化。原作の持つ圧倒的なエネルギーはそのままに、舞台設定を現代に置き換え、徹底した取材をもってリアリティを追求しつつ、人間の業を深く掘り下げる、濃密な内容の本格派ドラマ。豪華キャストを配しての、全21話・2クールの大型企画、フジテレビが贈る大河ドラマです。

引用元:FOD

 

白い巨塔のキャスト

出演者は、唐沢寿明/江口洋介/黒木瞳/矢田亜希子/水野真紀/上川隆也/及川光博/片岡孝太郎/伊部雅刀/若村麻由美/西田尚美/野川由美子/かたせ梨乃/伊藤英明/石坂浩二/西田敏行 です。

 

 原作
山崎豊子『白い巨塔』(新潮文庫刊)

スタッフ
■脚本:井上由美子

 

白い巨塔の主題歌:

「アメイジング・グレイス」ヘイリーさんの神秘的な雰囲気はドラマを引き立てましたね。


Amazing Grace - Hayley Westenra (a cappella) in Christchurch NZ

 

■音楽:加古隆

■演出:西谷弘/河野圭太/村上正典

■プロデュース:高橋萬彦/川上一夫

■制作:フジテレビ/共同テレビ
原作 山崎豊子『白い巨塔』(新潮文庫刊)
企画協力 山崎定樹 野上孝子 新潮社
(C)1965 (一社)山崎豊子著作権管理法人/新潮社

 

白い巨塔のストーリーは大まかにこんな感じです。

#1 再読

浪速大学病院の手術室では鶴川大阪府知事の食道がんの手術が始まろうとしていた。第一外科の金井講師(奥田達士)や佃医局長(片岡孝太郎)らが緊張し忙しく立ち働いている。見学室には、鵜飼医学部長(伊武雅刀)、東第一外科教授(石坂浩二)、則…

 

#2 贈り物

浪速大医学部助教授の外科医・財前五郎(唐沢寿明)は、医局員の柳原(伊藤英明)の論文をチェックしていた。柳原は貧しい家庭の出身で、同様の生い立ちでありながら一流の腕を持つ財前にあこがれを抱いていると言う。財前は笑って柳原を見送るが、…

 

#3 土下座

鵜飼医学部長(伊武雅刀)は、財前五郎(唐沢寿明)から贈られた油絵を「預かっておく」と微妙な言い回しで受け取り、その真意を明らかにすることはなかった。うろたえる財前が舅の又一(西田敏行)にそのことを報告すると、又一は「含みのあるいい…

 

#4 落選

「ユー&アイ製薬」のやり手営業ウーマン・加奈子(木村多江)が、いつものように浪速大学に現れ、財前(唐沢寿明)や里見(江口洋介)に、新抗がん剤の売り込みをかけていた。財前は加奈子を振り切り、東(石坂浩二)の部屋に入った。部屋には関西…

 

#5 祝宴

特診患者・五十嵐(大林丈史)の手術を成功させ、その報告のために東教授(石坂浩二)の部屋に入った財前五郎(唐沢寿明)は、見知らぬ男が座っていることを不審に思った。教授選を前にした東の態度に不信感を抱いていた財前は、不躾にその男に挨拶…

 

#6 父の姿

浪速大学医学部教授会で第一外科教授の選考委員選びが行われていた。31票のうち最多数を獲得したのは、鵜飼部長(伊武雅刀)でも東教授(石坂浩二)でもなく、謹厳な学究派で知られる病理学の大河内教授(品川徹)であった。大河内は醜い学内の派閥…

 

#7 毛嫌い

財前五郎(唐沢寿明)は、ケイ子(黒木瞳)のマンションで、教授選考委員会の結果を待っていた。だが、佃医局長(片岡孝太郎)からの連絡は、教授選が財前推薦でまとまらず、大河内教授(品川徹)の発案で全国公募になったという予期せぬ結論であっ…

 

#8 決戦

「教授にはなりたくございません」・・・財前五郎(唐沢寿明)は、教授選考の大きな壁になっている大河内教授(品川徹)の琴線に触れようと、芝居掛かった直訴に及んだ。熱弁を振るう財前を、大河内は、相槌一つ打たず黙って見据えるだけである。と…

 

#9 正念場

教授選投票を突然棄権するという東(石坂教授)の“奇行”で教授会は騒然となった。意図を図りかねるまま教授会は投票に進行した。財前(唐沢寿明)は、その“事件”を里見(江口洋介)が持ち込んできた食道がん患者・佐々木庸平(田山涼成)の診療…

 

#10 無常

財前(唐沢寿明)の手兵とも言うべき医局員たちの教授選辞退を求める「菊川直談判」という蛮行に、鵜飼(伊武雅刀)も不快感を隠さず、又一(西田敏行)らのいる夜の席で財前を問い詰めた。しかし、財前は諦めてはいなかった。「今さら困ります。支…

 

#11 天国と地獄

年が明けた。第一外科の教授席には、夢をかなえた財前五郎(唐沢寿明)が威厳をたたえ充実した面持ちで座っている。第一外科はあっという間に財前体制に切り替わったのだ。財前は、ポーランドで開かれる国際外科医学会に招かれ、その準備に忙殺され…

 

#12 捨て身

財前(唐沢寿明)がポーランド出張から空港に降り立つと、財前の執刀後亡くなった庸平(田山涼成)の息子・庸一(中村俊太)が現れ「あなたに殺された」となじる。財前が落ち着いて庸一をかわすと、空港の外には里見(江口洋介)が待ち受けていた。…

 

#13 カルテ改ざん

佐々木よし江(かたせ梨乃)の「夫・庸平(田村涼成)が死んだのは財前(唐沢寿明)の診療ミスのせいだ。訴えるのを手伝って」という叫びにも似た依頼に動かされ、弁護士の関口(上川隆也)は浪速大病院に乗り込んだ。迎え撃つ財前は、うろたえるこ…

 

#14 母の涙

財前(唐沢寿明)の佐々木庸平(田山涼成)死亡に関する医療過誤を問う裁判が始まった。 マスコミは病院に財前を待ち受け取材攻勢を掛ける。院内にも張り詰めた空気が漂い、財前はいつになく苛立つ。 一方、家業を再開した佐々木家では弁当のキャ…

 

#15 判決

法廷ではよし江(かたせ梨乃)の尋問が始まった。国平弁護士(及川光博)は、金銭問題など感情面を刺激する冷酷な質問を重ね、よし江を心理的に追い込んでいく。よし江はその挑発に乗り「主人に謝って欲しいだけだ」と激昂してしまう。 その夜、扇…

 

 

まとめ

白い巨塔は名作と感じるドラマです。

普段目にすることが少ない医局の人間模様がとてもリアルに感じられます。

 

白い巨塔が少しでも気になったらFODで一気に見れますよ。

 

2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】公式サイト
↓↓↓ こちら ↓↓↓
FODプレミアム
コード・ブルー