fod プレミアムならスマホでドラマの見逃し無料は超便利!

fod プレミアムをスマホで好きなドラマを見逃し無く再放送までまたなくても配信でみてます。

空から降る一億の星 日本版の感想  フジテレビで放送した簡単なあらすじ

この記事をシェアする

空から降る一億の星

 

簡単なあらすじ

刑事の堂島完三(明石家さんま)は年の離れた妹の優子(深津絵里)と二人で暮らしていた。


ある殺人事件を担当していた堂島は、コック見習の片瀬涼(木村拓哉)に目を付ける。
そんな中片瀬に惹かれていく妹の優子。
そして三人には過去に重大な秘密があった。

このドラマの好きなところは、早く次の話が見たくなるような中毒性があります。
話が進むにつれ物語の核である謎を早く知りたいという衝動にかられます。
そして一話の終わりごろに流れてくるBGMには鳥肌が立ち、ドラマを最高潮に盛り上げてくれます。

 

空から降る一億の星 日本版の感想

感想としては、やっぱりキムタクはカッコイイ。
このドラマの片瀬涼という男のライフスタイルがかっこよくて、一人暮らしの部屋もちょっと普通とは違う影がありそうな男の部屋で、日々の食事も近所の食堂で済ませていてそのスタイルに憧れました。
さんまさんも良かったと思います。
普段の芸風とは違ったシリアスな感じで、刑事が疑っている奴に向ける目というか独特の雰囲気がよく出ていたと思います。
ただキムタクにまとわりつく井川遥はウザかったですね。
男の自分でもそう思いました。
深津絵里も全然キムタクに釣り合ってなかったです。

評価としては、自分の中ではトップクラスですね。
一話一話の終わり方が見事で、謎を知った時の衝撃度も結構ありますし、最終回も文句なしの出来でした。

 

 

 

2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】公式サイト
↓↓↓ こちら ↓↓↓
FODプレミアム
コード・ブルー