fod プレミアムならスマホでドラマの見逃し無料は超便利!

fod プレミアムをスマホで好きなドラマを見逃し無く再放送までまたなくても配信でみてます。

FODプレミアム

若者たち の動画はこちら!

若者たちは1966年に放送されたテレビドラマです。
田中邦衛さんが主演です。内容は、毎日新聞朝刊のある家庭という特集記事で紹介された、実在の過程を素材に企画されたそうです。

 

若者たち2014を最近放送されたのでみた人もいるかもしれませんが、その元祖というかオリジナルの「若者たち」というドラマです。

 

若者たちの大まかなあらすじはこんな感じです。

青春をテーマに数多くの秀作を手がけてきた森川時久が、実在する五人兄弟の生活をもとに、名コンビ山内久をはじめ、布施博一、早坂暁、寺田信義、鈴木尚之らテレビ、映画の第一線ライター書き下ろしの脚本を得て、不幸な境遇にもめげずにたくましく生きている五人の兄弟たちの生き生きとした青春を描く本格的青春ドラマ。
東京にほど近い海辺の小都市を舞台に、数年前に官吏だった父親を失い、続いて母を失った五人兄弟が如何にして生きてゆくかが、このドラマの出発点となっている。
長男・太郎(田中邦衛)は26才で土建屋につとめるベテラン職人。次男・次郎(橋本功)は主に漁港から魚を運ぶ運送店に働く運転手で23才。三男の三郎(山本圭)はアルバイトをしながら東京の大学に通う21才の大学三年生。次は一人娘で母親代わりでもあるオリエ(佐藤オリエ)。彼女は漁業組に勤め、同僚の染谷と恋仲、19才。四男・末吉(松山省二)は高校三年生、ベビー・ブームの受験者として激烈な入試戦争の真っ最中。だが私立は高くつくので国立志望といった5人の若者たちが、見事なスクラムを組んで力強く成長してゆく姿を感動的に描く。 

 

出演者は、田中邦衛/山本圭/佐藤オリエ/橋本功/松山省二(松山政路)/杉山とく子/加藤剛
(以下ゲスト)小川真由美(小川眞由美)/山本學/水谷八重子/南田洋子/宮内順子/栗原小巻です。

 

大まかなストーリーはこんな感じです。

#1 出発
佐藤家では、五人の兄弟が七回忌を迎えた母親の面影を偲びながら熱心に語り合っていた。数年前に両親を失い、親代わりとなり一家を支えてきた長男の太郎(田中邦衛)にとって、兄弟達が立派に成長してくれたことが何よりの自慢だった。だが、兄弟達…

#2 発掘
四男・末吉(松山省二)の大学受験を前に、三郎(山本圭)は末吉を思いやり気分転換をさせようと外へ連れ出した。帰り道、三郎は高校の同級生だった前原(太田正孝)と出会う。前原は成績も良く東大合格間違いなしといわれていたが、再三入試に失敗…

#3 苦い魚
末吉(松山省二)の同級生・田窪が行方不明になった。知らせを聞いて同級生達は佐藤家に集まり善後策を話し合うが、結局みんなで行方を探すことになる。太郎(田中邦衛)はじめ兄達は入試を直前に控えた今、田窪を探しに行くことに反対するが、長女…

#4 熱い春
買い物帰りのオリエ(佐藤オリエ)は少年のひったくりに遭う。懸命に追いかけ、少年を追い詰めたオリエは、少年の顔が幼くあまりに純粋な目をしていることに情けを感じる。しかし、少年が素直に返したバックの中身は空であった。太郎(田中邦衛)は…

#5 惑い
末吉(松山省二)の大学入試を前に佐藤家は慌しかった。そんな中、オリエ(佐藤オリエ)は一人沈思していた。結婚を前提に交際する克夫(加藤剛)との激しい精神的な喧嘩が原因だった。男と女が結びつくということは如何なるものかオリエは苦悩する…

#6 蒼い背信
兄弟の中で一番チャッカリしていて抜け目の無い三男・三郎(山本圭)がラグビー部仲間の月賦の保証人になったばかりに借金を肩代わりするというヘマをしでかした。ちょっとしたはずみで判を押してしまっただけに、信用していた友達に裏切られた怒り…

#7 おきあがりこぼし
太郎(田中邦衛)をはじめ兄姉達が待ちに待っていた末吉(松山省二)の大学入試発表の日がきた。かつてない程の受験地獄と言われ、当の本人は半ば合格を諦めていたようだが、幸い一次試験をパスする。末吉はもとより四人の兄姉たちはまるで自分の事…

#8 或る休日
長男・太郎(田中邦衛)の一方的な発案で兄弟五人で休日を過ごそうという事になった。その日は、太郎の会社の慰安旅行なのだが交通費自己負担という条件が気に入らないのだ。それぞれ予定を組んでいた弟妹たちは、太郎に旅行に行くことを勧めるが太…

#9 ダンプとゆめ
運送会社に勤める次郎(橋本功)の仲間が、老婆を誤ってひき殺すという事件がおきた。数日続いた徹夜勤務のせいらしい。最近とみに過重さが増す勤務に不満を抱いていた次郎は、この事件をきっかけに仲間と独立しようと決意する。それというのも、次…

#10 千葉のおばさん
三郎(山本圭)は、隣のおたね婆さんを訪ねてきた「千葉のおばさん」の一件で友達とのドライブを棒にふるハメとなった。「千葉のおばさん」とは千葉周辺から野菜を仕入れ、行商して歩く人達のことだ。「千葉のおばさん」千代(桜むつ子)とおたね婆…

#11 つながり
次郎(橋本功)は、出稼ぎに出たまま帰らない夫を捜す為に上京するも金を使い果たし行く当てもない女・キヨ(七尾伶子)を家に泊めてやることにした。キヨに同情した次郎は、必ずその夫を探し出してやろうと心に決める。一方、キヨがまるで自分の事…

#12 美しい言葉
太郎(田中邦衛)の働く建築現場でひとりの少年が姿を消した。その少年は、まだ中学生なのだが家庭の事情で働かなければならず、学校を休んで太郎達の会社で働いていたのだ。そんな玄治(関口勝正)を心配して担任の先生が仕事場へたずねてきたため…

#13 きつい娘
オリエ(佐藤オリエ)の同級生で女工として働くマチ子(夏圭子)が佐藤家を訪れた。不景気で工場が閉鎖され、行商して歩いているという。月給前で太郎(田中邦衛)やオリエはとても買う余裕はなかったが、気前のいい次郎(橋本功)はなけなしの金で…

#14 小さな石ころ
デパートでアルバイトをしていた三郎(山本圭)は、ふとしたことでカメラマンの風見由紀子(南田洋子)と知り合いになり、週刊誌の記者の誘いをうける。由紀子は三郎をひと目見てピンときたのだという。そうした仕事に興味を持っていた三郎はすっか…

#15 石の門
長男・太郎(田中邦衛)はかつての同僚・桜井(井川比佐志)からの呼び出しで前野建設を訪ねた。それは太郎が三ヶ月前まで働いていた職場で、怪我の保障問題のこじれから、親会社の部長を殴った為辞めさせられたのだ。思いがけない復職の話と共に太…

 

ちょっとでも気になったらFODプレミアムで見ることが出来ますよ。

東京DOGS